香川大学 経済学部 藤村研究室
プロジェクト成果考課と情報交流のためのウェブページ
8th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomicsにて研究報告を行います。2017-7-13

独立行政法人科学技術振興機構内の社会技術研究開発センターにおける「問題解決型サービス科学研究開発プログラム」において、平成23年度に採択された「医療サービスの『便益遅延性』を考慮した患者満足に関する研究」(研究代表:藤村和宏)の成果の一部を“The Negative Effect That “Benefit Delay” in the Service Consumption Cause to a Customer and the Countermeasure against It” という題目で報告します(2017.7.17-21)。Proceedingは L. Freund and W. Cellary (eds.), Advances in The Human Side of Service Engineering, Proceedings of the AHFE 2017, Springer, pp. 203-2214に掲載されました。

添付ファイル
The Negative Effect that Benefit Delay in Service Consumption Causes to a Customer and the Countermeasure Against It | SpringerLink.pdf
WEBアンケート ギャラリー 学びのページ
香川大学 問題解決型サービスプロジェクト 香川大学 経済学部
FUJIMURA LAB,FACULTY of ECONOMICS,KAGAWA UNIVERSITY
Since 2012
ギャラリー